Loading...
Room Space

構造材に十津川村から直接仕入れた天然材『桧』『杉』を使用しています。
ヒートショック現象を防ぐ住空間を構成しています。

1
ウイルスから家族を守る
天然漆喰
天然漆喰は強い酸化還元作用を持ち、有機物や、空気中のウイルス、匂いまでも吸着し分解してくれる力があるので、日本の住環境でよく悩みとしてあげられる結露やカビの発生を抑えることができます。日本の気候風土を考えると漆喰の強アルカリ性や、調湿性、そして空気を浄化する特性は年中を通して快適に過ごしやすい環境を作ることができます。
Image
2
気持ちがやすらぐ
ウッドファイバー
適度な密度と柔軟性があるため、構造体にしっかり密着。周囲の温度影響を受けにくく、冷暖房費の削減に貢献します。
Image
3
鼻と喉にやさしい
オガファーザー
オガファーザーは、森の木々を有効に利用してつくられる、体にやさしい天然壁紙です。塗装用下地ですので何度でも塗装でメンテナンスでき、ヨーロッパの住宅やホテルなどの建物に190年以上前から使用されています。
Image
4
皮膚にやさしい
リボス「自然健康塗料」
ドイツ・リボス社は、40年以上続く、人の健康と安全を追求した自然塗料のパイオニアです。リボス社のつくる自然塗料は、40年以上にわたる研究・開発と、創業当時から製品に含まれる全ての成分にもこだわっています。
Image
5
心臓に負担を与えない
高性能樹脂サッシ
「樹脂」は別名・塩化ビニール樹脂とも呼ばれており、私達が日常的に使う物(フライパンの取手等)にもよく使用されている素材です。「樹脂サッシ」とは、その樹脂をフレームとして利用している窓のこと。 断熱・気密性が高いため、寒冷地を中心に普及しています。
Image

一目瞭然!サーモグラフィー 断熱検査で解る木と漆喰 十津川の家は快適!室内の温度変化を最小にとどめます。
壁一面一面みて確実に性能を満たす住宅を建築します。これからの家造りは、断熱がキーワードとなってきます。
屋根・外壁・床・そして一番重要なのは、窓開口サッシです。

従来の室内
従来の室内
十津川の家仕様の室内
十津川の家仕様の室内
従来の吹抜け
従来の吹抜け
十津川の家仕様の吹抜け
十津川の家仕様の吹抜け

オレンジの箇所は温度が上昇していることを意味します。従来の室内と木と漆喰 十津川の家仕様の室内との違いは一目瞭然です!

Material example

木のふるさと、十津川村の木材を使用した家 -高槻市栄町2丁目 素材例-

展示場ご見学
「木と漆喰 十津川の家の展示場」をご見学されたいお客様は右のボタンからお申し込みください。
※池田住宅展示場のご見学は完全予約制となります。
展示場ご見学予約

木と漆喰 十津川の家は、木のふるさと、十津川村の自然で育った木を使用した、こころもからだもあったかな無垢の木の家です。

〒569-0825 大阪府高槻市栄町2丁目14番27号

〒563-0043 大阪府池田市神田2丁目1番23号


来場予約
資料請求